メインコンテンツまでスキップする

会計プロフェッショナル入門

登録は終了しました

※受講登録するとお客様の利用者情報は講座提供者(講師)に共有されます。詳しくは利用規約プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 講座番号:ga042
  • 受講開始日:2016年5月31日
  • 想定される勉強時間/週:4,5時間程度

講座内容

日々配信される経済ニュースでは、だれもが知っている企業の業績が黒字だったのか赤字だったのか、さらには、業績の不調によって生じる株価の下落や社長の交代劇などが報道されています。実は、こういった企業業績に関する情報は、広く一般に公開されており、たとえば、インターネットなどで財務諸表という形で入手が可能です。この財務諸表の基本的な仕組みと役割を「会計学」の見地から理解するのが、本講座の主たる目標となっています。

そこで、本講座の第1週では、まず財務諸表の公開を中心とする企業会計制度の概要を明らかにします。続いて、第2週では、主要な財務諸表である貸借対照表と損益計算の構成、第3週では、その財務諸表の作成ルールである会計基準を検討します。最後の第4週では、最近話題となっている会計基準の国際化や公会計などをテーマとして取り上げたいと思います。
「なお、動画内容は2015年に開講した第1回と同じですが、課題は一部変更しています。また、2015年に開講した講座では対面授業も実施しましたが、今回は対面授業は実施しません。そのため、動画で話す内容に対面授業のことに触れている部分がございますが、このことをお含みおきの上、聴講いただけますと幸いです。」


第1週:企業会計制度の概要

  • 会計の目的・対象
  • 投資家のための会計
  • 主な会計資格

第2週:財務諸表の構成

  • 貸借対照表の構成
  • 損益計算書の構成
  • 財務諸表の作成

第3週:会計基準の動向

  • 日本基準の概要
  • 棚卸資産と売上原価
  • 固定資産と減価償却
  • 金融商品と時価評価

第4週:会計の可能性

  • 会計基準の課題
  • 経営管理目的の会計
  • 公会計

講師・スタッフ紹介

梅原 秀継

梅原 秀継

明治大学専門職大学院会計専門職研究科教授。明治大学大学院経営学研究科博士後期課程修了。博士(経営学・明治大学)。埼玉大学経済学部助教授、中央大学商学部教授等を経て、2014年より現職。日本会計研究学会幹事、日本簿記学会理事、公認会計士試験委員等を歴任。

田中 建二

田中 建二

明治大学専門職大学院会計専門職研究科教授。早稲田大学大学院商学研究科博士課程単位取得。日本大学経済学部教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授等を経て、2007年より現職。企業会計審議会臨時委員、税理士試験委員、公認会計士試験委員等を歴任。

渡辺 雅雄

渡辺 雅雄

明治大学専門職大学院会計専門職研究科准教授。明治大学大学院商学研究科博士後期課程修了。博士(商学・明治大学)。東京国際大学商学部専任講師等を経て、2010年より現職。パリ第一大学パンテノン・ソルボンヌ校パリ・ビジネス・スクール及びパリ第九大学ドフィーヌ校にてルノー財団パリ国際MBAプログラム修了。

片岡 洋人

片岡 洋人

明治大学専門職大学院会計専門職研究科教授。一橋大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得。博士(商学・一橋大学)。大分大学経済学部准教授、マサチューセッツ工科大学客員研究員等を経て、2013年より現職。

山浦 久司

山浦 久司

明治大学専門職大学院会計専門職研究科教授。一橋大学大学院商学研究科博士課程単位取得。博士(商学・一橋大学)。千葉大学法経学部教授、明治大学経営学部教授等を経て、2013年より現職。会計検査院長、日本公認会計士協会理事、税理士試験委員、公認会計士試験委員、企業会計審議会委員第二部会長等を歴任。

前提条件

企業会計に関心をもつ者であれば、特別な予備知識は不要である。

課題内容

各週10問程度の多肢選択式の設問を課題とし、全40問程度の結果で評価する。

修了条件

得点率70%以上

学習期間

4週間



※受講登録するとお客様の利用者情報は講座提供者(講師)に共有されます。詳しくは利用規約プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 講座番号:ga042
  • 受講開始日:2016年5月31日
  • 想定される勉強時間/週:4,5時間程度