メインコンテンツまでスキップする

ga057: 中国古典に見る指導者の条件

登録は終了しました

※受講登録するとお客様の利用者情報は講座提供者(講師)に共有されます。詳しくは利用規約プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 講座番号:ga057
  • 受講開始日:2017年2月7日
  • 想定される勉強時間/週:2,3時間程度

この講座には「通常コース(無料)」「対面学習コース(有料)」の2種類のコースがあります。*対面学習コース(有料)では、対面授業を2/25(土) 東京で開催します。
対面学習とは http://gacco.org/face-to-face.html

  • 通常コース(無料)
  • お申込み方法
    講座詳細ページ
    (本ページよりすぐにお申込みいただけます)

  • コース内容

  • 対面学習コース(有料)
  • お申込み方法
    外部サイト「Peatix」よりお申込みいただけます。
  • コース内容



    2/25(土) 東京にて開催

講座内容

中国古典には、政治の基本や社会のあり方、為政者のあるべき姿など長い年月で培われてきた先人たちの英知や人間として生きる知恵が数多く収められています。
本講座では、数ある中国古典の中から、最も基本的な「論語」と「韓非子」を中心に取り上げ、幅広くリーダー論を論じている中国古典の原典の講読と解説を通して指導者の条件について考察します。

「論語」は儒教の始祖である孔子と彼の高弟たちの語録であり、中国古典の代表的な書物です。「論語」の特徴とはヒューマニズム(人道主義)の上に立っての「徳治」にありますが、論語の求める「徳治」とは何かについて、その時代的背景と共に孔子の考えていた思想から学び取ります。
一方で、「論語」に対極する古典として、人間の本性は悪であるという性悪説の上に立って「法」と「術」による統治の必要性を唱えた「韓非子」を取り上げ、性悪説の時代的背景への理解と共に、「法」と「術」による統治の考え方と思想を学習します。


講義では、このような「論語」、「韓非子」の二冊の対象的な古典を代表的なリーダー論の両極端の例として取り上げるとともに、様々な中国古典を通じて、現代におけるリーダーの条件について多様な角度から探求を進め、あるべき指導者像を描きます。


講義は第1章~7章の7つのユニットに分けられており、それらを4週で受講していただきます。第1週には第1章を、第2週以降ではそれぞれ2章分ずつ学習を進めて行きます。各章はそれぞれ1節~3節の3つの講義ビデオから構成されています。
また、受講される皆さんの学習成果を確認する目的で1章~7章の章ごとに確認テストを設けており、全7章終了後にはレポートに取り組んでいただきます。


第1週

第1章:今なぜ中国古典か-『修己治人』の学

  • 経世済民
  • 恩と怨み
  • 修己治人

第2週

第2章:孔子のめざしたもの-『事上磨錬』の教え

  • リーダーに特に必要な二つの要素:智・勇
  • 不易と流行
  • 事上磨錬

第3章:信頼される指導者の条件とは-『徳』の教え

  • 徳者事業之基

第3週

第4章:「韓非子」と性悪説

  • 性善説と性悪説
  • 荀子と韓非子

第5章:法と術による統治

  • リーダーの3つのランク
  • 項羽と劉邦のリーダー像
  • 「三国志」の曹操、劉備、孫権の臣下の操縦術

第4週

第6章:危機管理について

  • 上善如水
  • 狡兎三窟
  • 窮則変 変則通

第7章:指導者の要件とは

  • 司馬遷の見方
  • 桃李不言、下自成蹊
  • 文質彬彬、然後君子
  • 木鶏
  • 「呻吟語」の見方

講師・スタッフ紹介

守屋 洋

守屋 洋

SBI大学院大学・教授

中国古典に精通する第一人者として、著述・講演に活躍。“象牙の塔”の学問でなく、現代社会の中で中国古典の知恵がどう生かされているのかを語り、難解になりがちな中国古典を、平易な語り口でわかりやすく説く。日本文藝家協会会員。日本ペンクラブ会員。

著書に『中国古典一日一言』、『中国皇帝列伝』、『完本 中国古典の人間学』、『全訳・武経七書』、『中国古典の名言名句三百選』、『「孫子の兵法」がわかる本』、『兵法三十六計』、『論語の人間学』、『韓非子』、『決定版・菜根譚』、『リーダーの心得帖』、『帝王学講義』、『諸葛孔明の兵法』、『貞観政要』、『呻吟語』、『リーダーのための中国古典』、『黄昏三国志』、『中国古典の名言録』など多数。

前提条件

特に前提条件は設けません。中国古典に興味、関心があり、リーダー論を学びたいという方はどなたでも受講いただいて結構です。

課題内容

各ユニット(各章)に理解度確認テストを、講座の最後にレポートを設けます。

  • 理解度確認テスト:多肢選択式
  • 最終レポート:相互採点式

修了条件

得点率60%以上

学習期間

4週間



講義動画収録時期:2008年


※受講登録するとお客様の利用者情報は講座提供者(講師)に共有されます。詳しくは利用規約プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 講座番号:ga057
  • 受講開始日:2017年2月7日
  • 想定される勉強時間/週:2,3時間程度