メインコンテンツまでスキップする

世界に日本語を広めよう!~”そうだったのか”の日本語教育学

登録は終了しました

※受講登録するとお客様の利用者情報は講座提供者(講師)に共有されます。詳しくは利用規約プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 講座番号:ga072
  • 受講開始日:2016年12月1日
  • 想定される勉強時間/週:2,3時間程度

講座内容

2020年に東京オリンピック・パラリンピックの開催が決まり、日本は観光立国としても注目されています。日本文化に魅力を感じ、日本語を学ぼうとする海外の人が増えている一方、日本国内ではグローバル化と少子高齢化が進み、日本語教育を真剣に考える必要性が高まっています。

この講座では、これまで日本語教育にまったく携わったことのない人のために、「日本語教育とは何か」、「どんな人がどんな目的で日本語を学んでいるのか」、「日本語教師とはどんなことをしているのか」、「ポップ・カルチャーと日本語教育がどうかかわっているのか」などについて、やさしくお話ししていきます。多くの日本人にとっては母語である日本語を外国語として教えるとはどういうことなのか、一緒に考えていきましょう。


第1週:日本語教育基礎知識

  • 国語?日本語?
  • 国語教育と日本語教育
  • どんな人たちが日本語を学んでいるの?

第2週:日本語教育のミッション

  • 日本語を教えるとは?
  • 日本語教育の役割と責任
  • 日本語教師って何するの?
  • 日本語教師の資質とは?

第3週:インターネットと日本語教育

  • 日本のポップ・カルチャー恐るべし
  • テクノロジーが時間と場所の壁をなくす
  • やる気の力は重要です

第4週:世界に日本語を広めよう!

  • 日本語教育に携わるには?
  • グローバル化の中の日本語教育
  • 大切なのは、みんなが幸せになる日本語教育

講師・スタッフ紹介

池田 伸子

池田 伸子

立教大学異文化コミュニケーション学部教授、立教大学日本語教育センター員。専門は日本語教育学、教育工学、特に最近は学習障害の1つであるディスレクシア(難読症)を抱える日本語学習者の学習支援、グローバル化が進展する国内外における日本語教育の意義や役割について研究中。主な著書は『ビジネス日本語教育の研究』、『CALL導入と開発と実践』(いずれも単著)。

前提条件

なし

課題内容

・各週課題:選択式の問題
・最終課題:レポート課題

修了条件

得点率60%以上

学習期間

4週間

※受講登録するとお客様の利用者情報は講座提供者(講師)に共有されます。詳しくは利用規約プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 講座番号:ga072
  • 受講開始日:2016年12月1日
  • 想定される勉強時間/週:2,3時間程度