メインコンテンツまでスキップする

心理学スパイラルアップー多角的な視点からの接近

※受講登録するとお客様の利用者情報は講座提供者(講師)に共有されます。詳しくは利用規約プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 講座番号:ga131
  • 受講開始日:2019年01月23日
  • 想定される勉強時間/週:2,3時間程度

講座内容

「心理学」は生活の中のあらゆる事象に関わる学問になっており、私達の周りの多くが「心理学」の研究対象になっています。「心理学」には多くの領域があり、社会生活と密接に結びついています。

この講座では、4つの研究領域「認知心理学」「社会心理学」「臨床心理学」「犯罪心理学」に注目し、さまざまな観点から心理学について学んでいきます。

まず「認知心理学」ではものごとに対する認識や考え方に、私たちの「心」がどう影響しているかについて。「社会心理学」ではコミュニケーション不全や関係性崩壊を予防するヒントとして、対人関係にみられる言語・非言語コミュニケーションなどの仕組みについて。「臨床心理学」では現代社会に大きくのしかかるストレスについて考察し、その対処法について学びます。「犯罪心理学」では犯罪のとらえ方やあまり知られることの少ない犯罪者処遇の現状について学びます。

様々な領域を学び、多様な知見を自分の専門領域に取り込むことで、複雑な社会の事象を理解することに役立ちます。心理学スパイラルアップ、つまり心理学について螺旋階段のようにスパイラルを描きながら学ぶことを目的としています。


Week1:「賢く」考える-認知心理学からの接近

  • 1-1_認知心理学とは
  • 1-2_思考は偏る
  • 1-3_思考の仕方を知る① -その考えは正しいか-
  • 1-4_思考の仕方を知る② -知識の正の側面-
  • 1-5_感情も思考を左右する
  • 1-6_他者とのコミュニケーションが思考に及ぼす効果

Week2:人と人をつなぐ-社会心理学からの接近

  • 2-1_対人コミュニケーションとは
  • 2-2_言語コミュニケーションで思いを伝える
  • 2-3_非言語コミュニーションで思いを伝える
  • 2-4_他者と信頼関係を築くために
  • 2-5_関係性の進展のプロセス
  • 2-6_対人コミュニケーションにおける社会的スキルの役割

Week3:こころに寄り添う ―臨床心理学からの接近

  • 3-1_こころは目に見えるでしょうか?
  • 3-2_ストレスは万病のもと
  • 3-3_こころの友達
  • 3-4_木を描く
  • 3-5_本当にこころの問題?
  • 3-6_こころの寄り添い方a la carte(アラカルト)

Week4:犯罪と社会-犯罪心理学からの接近

  • 4-1_犯罪心理学のスコープ
  • 4-2_犯罪心理学って何
  • 4-3_犯罪をマクロの視点化分析する
  • 4-4_犯罪者を個人的な要因から分析する
  • 4-5_いろいろな犯罪の特徴を知る
  • 4-6_犯罪者を分析し更生させる


講師・スタッフ紹介

出口 保行

出口 保行(でぐち やすゆき)

東京学芸大学大学院修了後、国家公務員上級心理職として法務省入省。犯罪者を心理分析する資質鑑別に従事。このほか、法務省大臣官房秘書課勤務や国連派遣等を経験。法務省法務総合研究所研究部室長研究官を最後に退官し現職。

小林 寛子

小林 寛子(こばやし ひろこ)

東京大学大学院教育学研究科博士課程単位修得満期退学後、日本学術振興会特別研究員PDを経て現職。理解や問題解決などの認知活動における不適応の問題に、個別学習指導や授業改善を通して、取り組んでいる。博士(教育学)。

磯 友輝子

磯 友輝子(いそ ゆきこ)

大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程満期退学。大阪大学大学院人間科学研究科助手ののち、本学こども心理学部講師、准教授を経て現職。会話中のしぐさや良好な対人関係に必要なスキルについて研究している。

須田 誠

須田 誠(すだ まこと)

慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。慶應義塾大学医学部非常勤講師、武蔵野大学通信教育部専任講師を経て現職。臨床心理士として、地域保健所等で「ひきこもり支援」等に携わる。

前提条件

特になし

課題内容

各週に簡単な試験問題と最終週に最終試験を出します。

修了条件

得点率60%以上

学習期間

4週間

※受講登録するとお客様の利用者情報は講座提供者(講師)に共有されます。詳しくは利用規約プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 講座番号:ga131
  • 受講開始日:2019年01月23日
  • 想定される勉強時間/週:2,3時間程度
受講