Skip to main content

放射線安全社会入門~リスクの知見を暮らしに~


※受講登録するとお客様の利用者情報は講座提供者(講師)に共有されます。詳しくは利用規約プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 講座番号:ga151
  • 受講開始日:2021年1月27日
  • 想定される勉強時間/週:2,3時間程度

講座内容

福島第一原子力発電所の事故以来、放射線や放射性物質のリスクは、一部の専門家が扱う問題ではなく、暮らしの知恵として多くの方々が共有すべき課題であることが強く意識されるようになりました。同時に、原子力災害時や放射線の医学利用における放射線防護および放射性廃棄物のリスク管理にかかわる課題にも強い関心が寄せられています。
しかし、これらの課題の解決は、国内外において切望されながら、いまなお困難な状況が続いています。
他方、本学では、放射線に関連した研究・教育を進めている教員も多くおります。そこで、理学研究科、医学系研究科および工学研究科の教員が、放射線や放射性物質に関する基礎に加え、自らの放射線に関する認識を紹介し、放射線や放射性物質についての知見を受講者の皆さんが深化させ、暮らしに活かす一助にすることが本講座の狙いとなります。


Week1:放射線の基礎を学ぶ

「放射線の基礎を学ぶ」では、放射線の科学的基礎を分かりやすく話します。放射線とは何か、その種類や性質、放射性物質、放射線の被曝、自然放射線、放射線の測定、放射線の利用について説明します。加えて、放射線測定の実演も行います。

  • イントロダクション
  • 放射線の基礎を学ぶ(1)原子核と放射線
  • 放射線の基礎を学ぶ(2)放射線の種類と性質
  • 放射線の基礎を学ぶ(3)放射性物質
  • 放射線の基礎を学ぶ(4)放射線の被ばく
  • 放射線の基礎を学ぶ(5)自然放射線
  • 放射線の基礎を学ぶ(6)放射線の測定
  • 放射線の基礎を学ぶ(7)放射線測定の実演
  • 放射線の基礎を学ぶ(8)放射線の利用

Week2: 放射線と社会 ~福島第一原発事故の影響~

「放射線と社会 ~福島第一原発事故の影響~」では、放射性物質による環境汚染と社会の関係をテーマに、福島原発事故の経緯とそれによる土壌や食品の汚染、住民被ばくなどの実態について、科学的データをもとに紹介し、それに対してどんな対応がなされたか、どんな社会的問題が生じたかについてまとめます。関連した東北大学理学研究科の取り組みについても紹介します。さらに、放射線における安全と安心について議論します。

  • イントロダクション
  • 原子力と放射性物質
  • 福島原発事故(1)何が起きたのか
  • 福島原発事故(2)放射線量と土壌汚染
  • 福島原発事故(3)住民の被ばくの実態
  • 福島原発事故(4)農水産業への影響
  • 福島原発事故(5)被ばくのリスク
  • 福島原発事故(6)今も残る放射線の社会的問題
  • 放射線社会の安全と安心をどう実現するか

Week3:医学と放射線 ~自然放射線・医療被ばく・放射線発がん/遺伝性影響~

「医学と放射線」では、医療的な観点から放射線を学びます。そこでは、放射線被ばくの影響として、内部被ばくと外部被ばく、放射線発がん、放射線によるがん以外の疾患の増加および、放射線による遺伝性影響を講義します。また、医療被ばくとして、CTやマンモグラフィーなどによる被ばくを説明するとともに、放射線防護について解説します。

  • イントロダクション
  • 内部被ばくと外部被ばく
  • 自然放射線
  • 宇宙線・大地放射線・人工放射線
  • 医療被ばく
  • 確率的影響と確定的影響(組織反応)
  • 放射線による発がんと遺伝性影響
  • 放射線防護

Week4:地球科学と放射性廃棄物

「地球科学と放射性廃棄物」では、地球科学の観点から放射性廃棄物の管理・処分について講義します。まず、地球科学に基づき、地球の生い立ちを概観しながら、地球に存在する放射性物質についての理解を深めます。そして、種々の放射性廃棄物について概観し、それらの管理・処分に地球の表層となる地下を利用する取り組みを地球科学と放射線防護の観点から講義します。

  • イントロダクション
  • 岩石の年代測定
  • 46億年前から38億年前の地球
  • 地球内部の構造と熱
  • 地球の生い立ち1
  • 地球の生い立ち2
  • 現在の日本列島の動きと活断層との関係
  • 様々な放射性廃棄物
  • 地下を利用した放射性廃棄物からの放射線の防護
  • 放射性廃棄物の管理・処分システムの評価

講師紹介

新堀 雄一

新堀 雄一(にいぼり ゆういち)

東北大学大学院工学研究科教授(量子エネルギー工学専攻)
1959年9月生まれ。埼玉県出身。
東北大学工学部卒業後、同大学院博士前期課程を経て東北大学助手。同助教授、准教授を経て、現職。学位:博士(工学)東北大学
専門は地圏移動現象論で、地下における物質移動や熱移動、さらに化学反応について研究を進めている。

田村 裕和

田村 裕和(たむら ひろかず)

東北大学大学院理学研究科教授(物理学専攻)
1960年10月生まれ。栃木県出身。
東京大学理学部卒業後、同大学院を経て、東京大学助手、東北大学助教授を経て、現職。学位:理学博士(東京大学)。
専門は原子核物理学(実験)で、加速器を用いたハイパー核(陽子・中性子以外の粒子を含む原子核)の研究を行っている。

細井 義夫

細井 義夫(ほそい よしお)

東北大学大学院医学系研究科 放射線生物学分野教授、東北大学災害科学国際研究所 災害放射線医学分野教授(併任)
1959年6月東京生まれ。
東北大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院での研修の後、東北大学大学院を経て、東京大学大学院医学系研究科准教授、新潟大学教授、広島大学原爆放射線医科学研究所教授を経て、現職。放射線腫瘍生物学および多能性幹細胞の研究を行なっている。

主な著書

前提条件

特になし

課題内容

理解度確認クイズ(多肢選択)
最終課題

修了条件

得点率60%以上

学習期間

4週間

参考文献



講義動画収録時期:2020年




東北大学MOOCのシリーズについて

東北大学では、JMOOCにて下記の2シリーズを展開しております。
今後も新規開講講座が追加されます。
また、再開講も随時行っていく予定ですので、ぜひ他講座にもご参加ください。

東北大学サイエンスシリーズ

・第1弾 解明:オーロラの謎
・第2弾 東日本大震災の教訓を活かした実践的防災学へのアプローチ ー災害科学の役割
・第3弾 銀河考古学入門〜銀河の形成と進化を辿る~
・第4弾 進化発生学入門-恐竜が鳥に進化した仕組み-
・第5弾 放射線安全社会入門~リスクの知見を暮らしに~(2021年1月開講予定)

東北大学で学ぶ高度教養シリーズ

・第1弾 memento mori -死を想え-
・第2弾 男と女の文化史
・第3弾 家族と民法
・第4弾 社会の中のAI~人工知能の技術と人間社会の未来展望~

※受講登録するとお客様の利用者情報は講座提供者(講師)に共有されます。詳しくは利用規約プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 講座番号:ga151
  • 受講開始日:2021年1月27日
  • 想定される勉強時間/週:2,3時間程度
Enroll