Skip to main content

化粧で学ぶ心理学


[Free of charge] Enroll

※受講登録するとお客様の利用者情報は講座提供者(講師)に共有されます。詳しくは利用規約プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 講座番号:ga168
  • 受講開始日:2024年9月11日15時
  • 想定される勉強時間/週:2,3時間程度

講座内容

化粧は古今東西、人類の暮らしと共にあり続ける馴染み深い習慣です。心理学のメインテーマではありませんが、心理学の多様な領域に関わる対象なので、化粧に関する心理学的な研究を通じて、心理学の様々な領域を学ぶことができます。

この講座では、私が行ってきた化粧の心理学的研究についてお話しします。心理学領域だけではなく、歴史や文化にも触れます。また、少し寄り道して、化粧を考えるうえで重要なストレスや感情の心理学にも触れたり、化粧研究が社会の中でどのような活用をされているかについてもご紹介したいと思います。


※本講座は、2022年1月開講の第1回、2022年10月開講の第2回及び2023年9月開講の第3回と同じ内容となり、課題の一部を変更しております。


Week1:化粧の歴史と文化

化粧の歴史と文化について学びます。動物や太古の人類の化粧から、現代の化粧までの長大な歴史を概観します。そして、西洋と日本の化粧意識の違いや、健康と美しさの概念の変化などについて考えてみたいと思います。

  • イントロダクション
  • 動物の化粧と太古の人類の化粧
  • 化粧史概観(1)水と油の日本と西洋
  • 化粧史概観(2)プラトンと化粧
  • スキンケア・慈しむ化粧の誕生
  • お風呂の歴史
  • 公の洋装・私と礼の和装
  • 暗黙のドレスコード
  • 現代の化粧習慣 日本の今・世界の今
  • 「美対健康」から「美による健康」へ

Week2:化粧の生理心理学

化粧の生理心理学について学びます。ストレスや感情に関する心理学をおさらいしたうえで、スキンケアによってストレスが緩和される仕組みを考えます。また、フレグランスに関わる香りの心理学についてもご紹介します。

  • イントロダクション
  • 感情心理学の基礎(1)交感神経-副腎髄質系とHPA系
  • 感情心理学の基礎(2)感情経験の起源
  • 交差する心理学史と東北大学史
  • 太古のストレスと現代のストレス
  • ストレスホルモンの発射ボタン:ビデオ実験と発表実験
  • やっかい事と気晴らし
  • 朝のスキンケア・夜のスキンケア
  • 美容マッサージのリラクセーション効果
  • 香りによるリラクセーション効果

Week3:化粧の知覚心理学

化粧の知覚心理学について学びます。メーキャップは、極論すると、顔の上に色を置くだけの行為です。にもかかわらず、目が大きく見えたり、印象がガラリと変わったりします。錯覚の心理学を踏まえて、この不思議なメカニズムを考えます。

  • イントロダクション
  • 顔とは何か(1)レーダーとスクリーン
  • 顔とは何か(2)人格の座
  • 目を大きく見せる方法(1)錯覚の基礎
  • 目を大きく見せる方法(2)アイシャドーの魔術
  • 魅力の三原則:メークはコントラスト?
  • 顔だちマップ
  • 顔だちマップの応用:犬・服装・フレグランス
  • ときめきの科学
  • 香りの単純接触効果

Week4:化粧の社会心理学

化粧の社会心理学を学びます。化粧を用いて心の健康を回復する化粧療法、震災の時に化粧は何をもたらしたのか、アンチエイジングへの疑義など、社会における化粧の役割を広く考えます。そして、化粧は人類に何をもたらしているのか、ここまでの講義の総まとめを行います。

  • イントロダクション
  • 化粧療法(1)顔面神経麻痺
  • 化粧療法(2)老人性認知症
  • 加齢と老い(1)若さ信仰の美意識
  • 加齢と老い(2)スマートエイジング
  • 安らぎの時間
  • 震災と化粧
  • 男性のメーキャップ
  • 化粧と人格
  • 総まとめ:日常生活における感情調節装置としての化粧

講師・スタッフ紹介

阿部 恒之

阿部 恒之(あべ つねゆき)

東北大学大学院文学研究科教授(心理学研究室) 博士(文学)

東北大学文学部哲学科心理学専攻を卒業後、資生堂ビューティーサイエンス研究所で20年以上に亘って化粧心理学を研究。
2005年、東北大学に移籍し(助教授)、2010年より現職。化粧に加えてゴミの不法投棄、災害など広いテーマで研究を行っている。

主な著書

前提条件

特になし

課題内容

理解度確認クイズ(多肢選択)
最終課題

修了条件

得点率60%以上

修了条件を満たした方には、東北大学オリジナルの修了証とオープンバッジ(※)が発行されます。
閉講日以降、登録メールアドレス宛にオープンバッジの案内が届きますので、記載された手順に沿って設定を行ってください。
詳しくは、オープンバッジ発行のお知らせをご確認ください。
受講解除者、メール配信停止者にはオープンバッジの案内ができませんのでご注意ください。

※オープンバッジとは
取得した知識やスキルを証明する国際技術標準規格のデジタル証明書。
ブロックチェーン技術を取り入れており、紙媒体の修了証と異なり改ざんや偽造が不可能で、デジタル履歴書やSNSでの公開など、様々な場面での活用が期待されます。

学習期間

4週間

参考図書・文献


講義動画収録時期:2021年



東北大学MOOCのシリーズについて

東北大学では、JMOOCにて下記の2シリーズを展開しております。
今後も新規開講講座が追加されます。
また、再開講も随時行っていく予定ですので、ぜひ他講座にもご参加ください。

東北大学サイエンスシリーズ

・第1弾 解明:オーロラの謎
・第2弾 東日本大震災の教訓を活かした実践的防災学へのアプローチ ー災害科学の役割
・第3弾 銀河考古学入門~銀河の形成と進化を辿る~
・第4弾 進化発生学入門-恐竜が鳥に進化した仕組み-
・第5弾 放射線安全社会入門~リスクの知見を暮らしに~
・第6弾 痛みと麻酔科学
・第7弾 人間脳科学入門
・第8弾 暗号学の現在-現代暗号入門

東北大学で学ぶ高度教養シリーズ

・第1弾 memento mori -死を想え-
・第2弾 男と女の文化史
・第3弾 家族と民法
・第4弾 社会の中のAI~人工知能の技術と人間社会の未来展望~
・第5弾 化粧で学ぶ心理学
・第6弾 自己理解の心理学

※受講登録するとお客様の利用者情報は講座提供者(講師)に共有されます。詳しくは利用規約プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 講座番号:ga168
  • 受講開始日:2024年9月11日15時
  • 想定される勉強時間/週:2,3時間程度
Enroll