Skip to main content

《実務・資格講座》新規事業開発スキル


Enrollment is Closed

※受講登録するとお客様の利用者情報は講座提供者(講師)に共有されます。詳しくは利用規約プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 講座番号:gb008
  • 受講開始日:2016年2月10日
  • 想定される勉強時間/週:2時間程度

この講座には「通常コース(無料)」「対面学習コース(有料)」の2種類のコースがあります。*対面学習コース(有料)では、対面授業を3/5(土) 東京で開催します。
対面学習とは http://gacco.org/face-to-face.html

  • 通常コース(無料)
  • お申込み方法
    講座詳細ページ
    (本ページよりすぐにお申込みいただけます)

  • コース内容

  • 対面学習コース(有料)
  • お申込み方法
    外部サイト「Peatix」よりお申込みいただけます。
  • コース内容



    2016/3/5(土) 東京にて開催

講座内容

理詰めで堅固なビジネスモデルを構築するのではなく、調査・実験・テスト販売を用いた仮説検証を行いながら、探索的・試行錯誤的にビジネスモデルを組み立て、それが完成した瞬間には事業が軌道に乗り始めるという、計画段階と実行段階の不連続性を極力排除した新規事業開発手法を学びます。

ビジネスモデル・キャンバスを活用したビジネスモデルの構築から財務シミュレーション、仮説検証、リスク分析、テスト販売に至る一連のフローと考え方を徹底的に解説いたします。


第1週

  • ビジネスコンセプトを創造するⅠ
    • なぜ新規事業開発なのか?
    • 新規事業が成功しない企業
    • 新規事業開発手法に必要な条件
  • ビジネスコンセプトを創造するⅡ
    • アイデア出しの原則
    • 企業の強みからの発想
    • ニーズ発見のための発想法

第2週

  • ビジネスコンセプトを創造するⅢ
    • ビジネスモデルの類型化(1)
    • ビジネスモデルの類型化(2)
  • ビジネスモデルを構築するⅠ
    • ビジネスモデル・キャンバス
    • ビジネスモデル・キャンバスの例

第3週

  • ビジネスモデルを構築するⅡ
    • ビジネスモデル・キャンバス各領域の使い方
  • ビジネスモデルを構築するⅢ
    • 財務シミュレーションの方法

第4週

  • ビジネスモデル仮説を検証するⅠ
    • 仮説検証の手法
  • ビジネスモデル仮説を検証するⅡ
    • リスク分析
  • ビジネスモデル仮説を検証するⅢ
    • テスト販売の準備
    • テスト販売の実際

講師・スタッフ紹介

寺石 雅英

寺石 雅英

一橋大学商学部卒業。一橋大学大学院商学研究科博士後期課程修了。名古屋商科大学商学部講師、助教授、群馬大学社会情報学部教授等を経て、2011年4月より大妻女子大学キャリア教育センター教授。群馬大学名誉教授。この間、郵政研究所、日本資産流動化研究所、建設経済研究所、道路経済研究所等の客員研究官や研究委員、国際ベンチャー企業協議会監事、実践経営学会理事などを歴任。

2001年には、国立大学教官として日本初のJASDAQ上場企業の社外監査役に就任(㈱エスイー)。さらに現在はJASDAQに上場する総合余暇サービス提供企業の社外監査役も務める(㈱コシダカホールディングス)。全国の地域振興プロジェクトや温泉旅館の再生プロジェクトのコンサルタントとしても活躍中。専門はファイナンス論、起業論、投資情報行動論、交渉論。

主著に、『現代経営学』(同文舘)、『ベンチャー創造のダイナミクス』(文眞堂)、『環境変化と企業経営』(同文舘)等。

前提条件

特になし

課題内容

  • 各週課題:選択式の問題
  • 最終課題:レポート課題

修了条件

得点率60%以上

学習期間

4週間

※受講登録するとお客様の利用者情報は講座提供者(講師)に共有されます。詳しくは利用規約プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 講座番号:gb008
  • 受講開始日:2016年2月10日
  • 想定される勉強時間/週:2時間程度