Skip to main content

AIとメタバースの現在地と未来


[Free of charge] Enroll

※受講登録するとお客様の利用者情報は講座提供者(講師)に共有されます。詳しくは利用規約プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 講座番号:ga182
  • 受講開始日:2023年1月17日 15時
  • 想定される勉強時間/週2時間程度

講座内容

本講座は対面授業を実施します。
開催日:2023年2月18日(土)午後
定員:30名
※対面形式での開催となります。(開催地域:東京)

申し込みや、詳細につきましては後日、こちらのページよりご案内いたします。

 人工知能(AI)テクノロジーは、近年急速に発展し、巨大IT企業が提供する様々なプラットフォームを支える基盤技術としての活用を通して、社会に深く浸透してきています。また、AIの革新と連動するようにして、仮想現実(Virtual Reality)の技術開発が加速度的に進み、「メタバース」という概念も広く知られるようになりました。

 AIは人類が手に入れつつある強力なキーテクノロジーである一方で、現在のAIテクノロジーの発展をもたらした「ディープラーニング」には限界があり、その限界を理解することがAIの活用には欠かせません。また、次世代のソーシャルプラットフォームとして期待されるメタバースは、人類のあり方にも影響を与えうるだけに、慎重な設計が必要です。

 本講座では、まずAIの現在地について理解し、メタバースと密接に関連するデジタルゲームAIやスマートシティについて概観したうえで、AIとメタバースの未来について考えていきます。ディープラーニング、デジタルゲームAI、スマートシティとメタバースの基礎を理解し、自分なりのアイディアを出せるようになること目指します。


Week1 AIとデータサイエンスの現在地

  • 1.ビッグデータとAI
  • ・AIのいま
    ・何がAIを進展させたのか
    ・機械学習によるAIの実現
  • 2.ディープラーニングによるAIの実現
  • ・学習するとはどう言うことか?
    ・ニューラルネットワーク
    ・ディープラーニングとその威力
  • 3.AIとデータサイエンス
  • ・AIとデータサイエンスの関係
    ・産業界におけるAIとデータサイエンス

Week2 AIテクノロジーの限界と未来

  • 1.AIの限界と未来
  • ・AI研究開発の様々な成果と限界
    ・データのバイアス
    ・ブラックボックス問題
    ・より良いAIへ向けて
  • 2.AIが切り拓く仮想現実の未来
  • ・仮想現実(Virtual Reality)
    ・仮想現実におけるAIの活用
    ・未来の仮想現実

Week3 デジタルゲームAI

  • 1.デジタルゲームAI入門
  • ・デジタルゲームAIの全体像
    ・デジタルゲームAI入門(1)(キャラクターAI)
    ・デジタルゲームAI入門(2)(スパーシャルAI)
    ・デジタルゲームAI入門(3)(メタAI)
    ・ゲームエンジン
  • 2.デジタルゲームAIの今後の展開
  • ・シミュレーション x ディープラーニング
    ・リアル ⇔ デジタル

Week4 スマートシティとメタバース

  • 1.スマートシティ
  • ・スマートシティの全体設計
    ・空間型AIの作成
    ・現実空間とメタAI
    ・スマートシティ・シミュレーション
  • 2.メタバース
  • ・メタバースの定義
    ・メタバースとお金
    ・メタバースとソーシャル
  • 3.スマートシティとメタバース
  • ・スマートシティとメタバースの融合、人間の行動変容

講師・スタッフ紹介

内山 泰伸

内山 泰伸(うちやま やすのぶ)

東京大学大学院理学研究科物理学専攻で博士(理学)の学位を取得。SLAC国立加速器研究所Panofsky Fellowを経て、2013年に立教大学理学部物理学科に着任し、高エネルギー天文学の研究室を主宰。立教大学人工知能科学研究科教授。専門は高エネルギー天文学、応用人工知能。日本天文学会第21回研究奨励賞受賞、第5回宇宙科学奨励賞受賞。2018年、先端テクノロジーのベンチャーGalaxiesを起業。

瀧 雅人

瀧 雅人(たき まさと)

2004年東京大学理学部物理学科卒業。2009年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻修了。2009年から2012年まで京都大学基礎物理学研究所博士研究員。その後、理化学研究所基礎科学特別研究員、数理創造プログラム(iTHEMS)上級研究員を経て現職(立教大学人工知能科学研究科准教授)。専門は深層学習の仕組みの研究と、科学・産業への実務的応用。

三宅 陽一郎

三宅 陽一郎(みやけ よういちろう)

立教大学人工知能科学研究科特任教授。博士(工学)。専門は、デジタルゲームにおける人工知能、人工知能と哲学、スマートシティ。著作に『人工知能のための哲学塾』『人工知能の作り方』『ゲーム情報学概論』『FINAL FANTASY XVの人工知能』『高校生のためのゲームで考える人工知能』(ほか多数)がある。

前提条件

特になし

課題内容

各週選択式の確認テスト

修了条件

得点率60%以上

学習期間

4週間

参考図書・文献

※受講登録するとお客様の利用者情報は講座提供者(講師)に共有されます。詳しくは利用規約プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 講座番号:ga182
  • 受講開始日:2023年1月17日 15時
  • 想定される勉強時間/週2時間程度
Enroll